温泉宿を目指した温浴マニア達の詩

今までで一番印象に残っている温泉宿

私が今まで一番印象に残っている温泉宿は、温泉宿のロビーで野生のシマフクロウが見れたところです。

 

そこの温泉宿のロビーでは、野生のシマフクロウが見られるということで有名で、カメラを抱えながら待っている男性客が沢山居らっしゃいました。

 

リピートして通った温泉宿

 

私はこの温泉宿に3回程泊まったことがあって、1回目と2回目はその野生のシマフクロウは見つけることが出来ませんでしたが、やっと3回目で野生のシマフクロウを見ることが出来ました。

 

 

そこの温泉宿に3回目に泊まった時は、温泉が付いている部屋に泊まりました。

 

温泉宿に到着してその温泉が付いている部屋に係員の方に案内して貰ってから、少し休憩してからその部屋に付いている温泉の露天風呂に入っていると、なんと野生のシマフクロウが目の前の木に止まりました。

 

温泉宿での出会い

 

それを母親が一番最初に気が付いて私もはっとして、野生のシマフクロウを見ました。

 

野生にシマフクロウは凛々しい顔立ちで毛がふわふわしていて触り心地が良さそうでした。

 

生まれて初めて野生のシマフクロウを見たので、私は感動して涙が出そうになりました。

 

そこの温泉宿は全国的にも有名なところで、カメラマンさんが沢山泊まりに来ていました。

 

良い思い出です(*^-^*)

職場の忘年会で温泉へ

結婚前の話になりますが、兵庫県北部の有名な温泉地にある職場に勤めていました。

 

 

組織的に大きい職場ところだったこともあり、年末は毎年のように、忘年会で温泉宿に宿泊していました。

 

 

有名な温泉地が近くに3箇所あり、3年のサイクルで、その3箇所を順繰りにめぐっていきます。

 

 

もちろん、宿泊費、食事代、入浴代などはすべて会社もち。

 

 

そのほかにも社員旅行やイベントがたくさんあり、その意味ではすごくいい職場だったなと思います。

 

ハイレベルな温泉旅館

 

旅館も皇室が泊まったこともあるような、かなりグレードが高いところで、食事も蟹料理やブランド牛などが出てくるなどとても豪華でした。

 

 

二次会などもありましたが私はいつも同僚と温泉でゆっくりし、同じ部署の仲間たちと夜遅くまで飲む、そんなパターンでした。

 

 

お湯の質もよく、何箇所かに分かれてあるので、何度も入りに行っていました。

 

 

何度か入っているうちに、お肌もすべすべでしっとりとなります。

 

現在は家風呂で代用

 

職場にいたころは当たり前のように参加していましたが、今から思うととってもラッキーだったな、と思います。

 

 

一泊3万〜5万くらいするところですから、自分ではなかなかいけないですね。

 

あの頃を思い出しつつせめてお湯だけでもこだわって家風呂を楽しんでいます^^;

 

 

家風呂で温泉気分を満喫できる入浴材のおすすめ → エプソムソルト